転職のマインド

転職エージェントをおすすめする理由と業界別特化型エージェントを紹介

終身雇用制度は崩壊し、大企業でさえ倒産するようなゲームチェンジの早い時代になりました。安心安全な船はどこにもなく、他の船に乗り移れる技術や勇気がない者は船と一緒に沈んでしまいます。これはあくまで例えですが、転職も同義です。労働人生で4〜5回転職することはもはや当たり前の時代になりました。

しかし、いざ転職と言っても初めて転職を経験する人には高いハードルです。そこで本サイトでは転職のスキームとして「転職エージェント」の活用をおすすめしています。豊富な経験を持ち、数多くの求職者を転職へと導いたプロの手を借りない手はありません。

この記事では転職エージェントをおすすめする理由を解説します。さらに業界別に厳選した転職エージェントを紹介します。この記事が転職への後押しとなれば幸いです。

【詳細】プロフィール

*Twitterで情報発信中!フォローお願いします!*

この記事でわかること
  • 現代社会で転職をしないとやばい理由
  • 転職エージェントがなぜ優秀なのか
  • 転職エージェントを利用するメリット3選
  • 業界別に特化型転職エージェントを紹介

転職をしないとやばい理由

20年前までは終身雇用制度により、そこそこ大きな会社に所属していれば安心安全が担保されていました。同じ会社で働き続けて定年を迎え、退職金を受け取って悠々自適の余生を過ごす、というマインドが大半を占めていました。

ですが2000年代を境に状況は刻一刻と変化します。『小子高齢化』『終身雇用制度の崩壊』『日本経済の停滞』これらの合わせ技により、大企業でさえ大量リストラを実行したり倒産の憂き目にあったりしています。安心安全は過去のものとなりました。

この状況でまだ会社に依存するようなマインドをもっていては沈む船と一緒に海底へと沈没することになります。

個人の影響力を高めて、船を軌道に乗せるような働きを見せつつも、状況が悪いと判断したらすぐに他の船へ乗り移る”したたかさ”を身に付けなければなりません。そのメソッドこそが「転職」です。転職を人生の一大事ととらえず、電車の乗り換えのように至極当然のこととしてマインドを変えていく必要があります。

しかし初めて転職を経験する人にとって、全てが手探りで何から始めたらよいのかもわかりません。そこで当サイトで推奨しているのが「転職エージェント」の活用です。

転職エージェントは転職希望者に寄り添って転職を成功させることを生業としているプロです。転職初心者こそ過信することなく、転職のプロの力を借りることをおすすめします。

転職エージェントを活用するメリット3選

転職初心者にとって転職は大きなハードルです。まず何から始めたらよいかも分からないでしょう。そこで支えとなってくれるのが転職エージェントです。

「転職エージェント」という言葉は聞いたことがあるけれど、具体的にどんなことをしてくれるのかを理解している人は少ないのではないでしょうか。以降では転職エージェントを活用するメリットを3つ紹介したいと思います。

①転職活動を全般的に支援してくれる

私たちが思っている以上に転職エージェントがサポートしてくれる幅は広いです。特に初めて転職エージェントを利用する人は「そこまでやってくれるの?」と驚くのではないでしょうか。

転職エージェントがサポートしてくれる主な項目は以下になります。(※各転職エージェントにより差異はあります)

  • 企業とのマッチング(求人紹介&面接日の調整&給与交渉etc…)
  • 電話面談および対面での面談サポート
  • 自己分析の整理とキャリア形成の相談
  • 履歴書等の書類作成の添削やアドバイス
  • 面接対策のサポート

転職希望者はこれらのサポートを無料で受けられます。無料でこれだけのサポートが受けられるなら使わない手はありません。

ですが無料ということは転職エージェントはどこから報酬を得ているのでしょうか?答えは企業からです。良い人材が欲しいと思っている企業が成功報酬としてエージェント対価を払います。そのためエージェントもマッチングを成立させるために本気で取り組んでくれます。

②非公開の情報をたくさん持っているため選択肢を広くできる

企業は求人募集していることを周りに知られたくない場合があります。そんな時に企業は転職エージェントを活用して非公開に人員を補充します。なので転職エージェントには非公開情報が多く集まってきます。

公開されている情報の中から理想の転職を実現させようとすると選択肢の幅は狭まってしまいます。転職エージェントを利用すれば、多くの情報をもつエージェントから幅広い選択肢を提示してもらえます。さらに相手側の企業の内情も知っているので、ミスマッチが起こりにくいというメリットがあります。

③業界別に特化したエージェントがいるので手厚いサポートが受けられる

転職エージェントと言えば一括りに捉えられがちですが、最近ではIT業界特化型や建設業界特化型のように細分化しています。転職先の業界が明確であるなら、その業界に特化した転職エージェントを利用した方が的を絞ることができるでしょう。

また特化型エージェントはその業界についての情報を常に仕入れていますので内情に詳しいです。業界の最新動向を共有できるのでより手厚いサポートが受けられます。

業界別の特化型転職エージェントを紹介

前述のように転職先の業界が決まっているなら、特化型エージェントを利用する方が得策でしょう。以降では業界別の特化型転職エージェントを紹介します。

建設業・製造業

日本のものづくりを支えるエンジニア転職【マイナビ メーカーAGENT】

エンジニア

ものづくりに特化した技術職志望の方のための転職エージェントです。大手のマイナビが運営していますので広く求人を取り扱っており、安心感も高いです。面談を通じて希望に沿った転職先を紹介してくれます。また面接についての指導やアドバイスも受けることが出来ますので担当エージェントと二人三脚で目標に向かって進むことができます。

まずは無料相談!【マイナビ メーカーAGENT】

建設業界専門の転職支援サービス【RSG Construction Agent】

建設業界に精通したプロが非公開の求人も含め、多くの情報を元に希望やスキルに合った企業を紹介してくれます。収入に関しても収入UP率99.4%、平均1.2〜1.5倍の年収UPの実績があり、エージェントが企業側としっかり条件交渉を行ってくれます。

建設業界への転職なら【RSG Construction Agent】

IT・Webエンジニア

IT・Webエンジニア特化の転職支援【レバテックキャリア】

担当のエージェントが応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や面接対策まで行ってくれます。困った時はLINEでいつでも相談できる手厚いサポートが特徴です。年間3,000回以上企業を訪れ、現場のリアルな情報を常に把握したエージェントが転職希望者に最適な求人を紹介します。

【レバテックキャリア】IT・Webエンジニア特化の転職支援サービス

未経験からのITエンジニア転職【GEEK JOB】

未経験でのITエンジニア転職に特化しています。多くのIT系転職は経験があることが前提ですが、GEEK JOBではエンジニアとしての基礎を学べるプログラミング学習サービスがありますので、自信をつけた上で転職活動に望めます。未経験でもイチから学べて転職のサポートも受けられる「プレミアム転職コース」(有料)と、転職するために必要な技術だけ学び、転職サポートも受けられる「スピード転職コース」(無料、但し審査あり)があります。

未経験からプログラマーへ転職できる【GEEK JOBキャンプ】

ハイクラス転職・管理部門・士業

ハイクラス転職【JAC Recruitment】

JAC Recruitment

管理職クラス、外資系企業、海外進出企業などハイクラスの転職支援に強みを持っています。 JAC Recruitmentはロンドン発祥の日系転職エージェントというインターナショナルな企業文化と、世界11カ国に広がる独自のグローバルネットワークを背景としており、外資系企業や海外進出企業への転職支援で特に豊富な実績があります。

外資系企業への転職はJAC Recruitment

管理部門・士業特化型エージェント【MS-Japan】

40代〜50代で役職付きの方が転職する際に強い味方となるのがMS-Japanです。管理部門に特化しており、今までの実績を次に活かせるような管理系の求人を優先的に紹介してくれます。また会計士や税理士などの士業についても幅広く求人を取り扱っているので士業に就いている方にもおすすめです。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

20代・第二新卒

若手に特化した転職支援サービス【キャリアスタート】

キャリアスタート

一般的な定義として大学卒業後に新卒で入社して2〜3年後を第二新卒と言います。第二新卒での転職では経験や知識よりも、若さや体力、柔軟な発想が評価されます。キャリアスタートではそのような第二新卒向けの求人を広く取り扱っています。また第二新卒者は社会経験が浅いので転職活動に関しても高いハードルに感じがちですが、担当エージェントが模擬面接や書類添削など、さらに内定後の条件面の交渉といったところまで親切にサポートしてくれます。

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

営業・総合

営業職に強みありの総合型エージェント【マイナビエージェント】

まだ転職したい業界が定まっていない方は特化型よりもまずは総合型の転職エージェントを利用した方がよいでしょう。マイナビは老舗の総合型就職支援サイトですので、各業界の情報を幅広く取り扱っています。担当のエージェントがキャリアプランについても親身に相談にのってくれます。またマイナビエージェントは特に営業職に強みがあり、多くの求人情報を持っています。営業職を志望する人にはおすすめです。

首都圏のIT・営業職求人多数。総合人材紹介サービスのマイナビエージェント

大手・優良企業を中心に幅広く対応【doda】

日本最大級の総合型の転職エージェントdoda(デューダ)なら各業界に精通していますので幅広い観点からキャリアプランのアドバイスを受けられます。また数多くの転職マッチングの実績があるエージェント会社なので手厚いサポートとマッチング力に期待がもてます。

doda

転職エージェントを利用する際の注意点

転職者の強い味方になってくれる転職エージェントですが、注意点もあります。それは全てのエージェントが必ずしも良識ある対応をとってくれる訳ではないということです。

転職エージェントは転職者と企業をマッチングして、制約すると企業から報酬をもらえます。なので制約しなければ対価を得られない構造になっています。

本来は転職者の希望に沿ったマッチングをするのが前提ですが、中には制約数を稼ぐために転職者の意に反するマッチングを進めてくるエージェントもいます。結果的に年収が大きく下がってしまったり、企業との方向性が合わなかったりと満足度の低い転職をしてしまう場合があります。稀にそのようなエージェントがいることは事実です。

なので転職エージェントを利用する際は担当のエージェントが真摯に向き合ってくれる人なのかを見極めなければなりません。もしこちらの意に沿わない対応をする人であれば、担当を変えてもらったり他の転職エージェントを利用するなどの対応をとった方がよいでしょう。

注意点さえ理解していれば、恐れることはありません。転職エージェントを上手に利用して転職のハードルをどんどん下げていきましょう。今や人生で4〜5回転職するのが当たり前の時代です。沈みゆく船から脱出して大転職時代を乗り越えて行きましょう。

転職エージェントをおすすめする理由と業界別特化型エージェントを紹介
  • 『小子高齢化』『終身雇用制度の崩壊』『日本経済の停滞』これらにより、大企業でさえ大量リストラを実行したり倒産の憂き目にあっている。会社に依存せず、状況をみて乗り移る”したたかさ”を身に付けないといけない。
  • 転職エージェントを活用するメリット
    ①転職活動を全般的に支援してくれる
    ②未公開の情報をたくさん持っているため選択肢を広くできる
    ③業界別に特化したエージェントがいるので手厚いサポートが受けられる
  • 転職エージェントはマッチング成立の対価として企業から報酬を受け取る。誠実なエージェントがほとんどだが、報酬優先で強引に制約させようとするエージェントも稀にいるので、求職者ファーストで動いてくれるエージェントかを見定める必要がある。